浅野直人先生、中央環境審議会会長にご就任


 法学部名誉教授である浅野直人先生が、平成27年2月13日付けで、環境大臣から任命され、環境関連の政策を国に提言する諮問機関である中央環境審議会の会長職に就任されました。

 浅野直人先生は、昭和47年に福岡大学法学部専任講師(民法)として着任、同55年に法学部教授、昭和62年からは法学研究科教授を併任されており、多くの教え子を輩出されております。

 我々卒業生としても名誉なことであり、また大変喜ばしい限りであります。先生の益々のご活躍を心から祈念したいと思います。