コラムvol.22「素敵な言葉を言える人間」


福岡大学法学部同窓生によるリレー式コラム第22回目は
倉 康平さん(2014年卒)です。

- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -
部活帰りのバスの中で、外国人のお母さんが子どもを抱いて乗ってきた。

子供はバスに乗ると人がいっぱいいて驚いていたのかずっと泣いていた。

周りの人も口には出さないが少し迷惑そうな顔をしていた。

自分も部活帰りで疲れていたのもあり、少しうるさいなと思っていた。

そのお母さんは周りの人に申し訳なさそうに頭を下げ続けていた。

20分ぐらいしてその親子がバスから降りるときに運転手が「元気な赤ちゃんですね!」と笑顔で言っていた。

その言葉にそのお母さんはどれほど救われたのだろうか。

この状況でこんな素敵な言葉を言える人間がこの世界にどれほどいるのだろうか、と初めてそんなことを考えさせられた夏の日だった。