コラム vol.01「弁護士業務あれこれ」


これから、福岡大学法学部同窓生によるコラムを
リレー方式でお届けいたします。

第1回目は、同窓会会長の三ツ角直正さんです。

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -

弁護士業務あれこれ

昭和55年卒の三ツ角直正です。福岡市で弁護士をやっています。

弁護士というと裁判ばかりやっているように思われがちですが、
実際には裁判以外にも、示談交渉、法律相談等、さらに講演などをやっています。

私は、医療事案、教育関係の事案が多いせいで、
医学会や病院での講演などもします。

昨日は、文部科学省所管の独立行政法人教員研修センター(つくば市)で、
全国から集まった学校の先生たちに「学校の危機管理」の話をしてきました。

学校の危機管理というとすぐに「体罰」の問題を思い浮かべる方も多いかと思いますが、体罰についても最高裁が平成21年4月28日に新しい判断を示しています。

こういった最新のリーガルインフォメーションを各界の方々に届け、対策を考えるのも弁護士の仕事の一つです。

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -

次回は、福岡大学法学部同窓会幹事の小林孝行さんです。
お楽しみに。